社会人に必須のExcel術・・・5選!

こんばんは、macoです。

タイトルの通りですが

この記事では・・・

・なんでいきなりExcel術の紹介か

・押さえておきたいExcel術5選

・練習方法

です!盛りだくさんなので、どんどんいきたいと思います。

*なんでいきなりExcel術の紹介か*

この4月で私は商品企画部から販売戦略部に異動になりました。

簡単いうと、商品の生みの親から、育ての親に転身したという感じです。

育ての親になってからは何万点とある商品の一個一個の商品特徴を頭に入れながら提案していくが仕事になりました。

いわば・・・Excelとひたすら向き合う日々!!!

こんな境遇ということもあって、基礎的なExcel術5選を紹介していきたいと思います。

他のサイトとかでもよく紹介されていますが、部分部分なことが多いので

今回は私がデータを分析する際に行っている手順でご紹介していきたいと思います!

*押さえておきたいExcel術5選*
(膨大な売上データを分析する際の手順になります)

①VLOOKUP

こちらの関数で商品リストの型番をもとに商品名を表示させます。

簡単にいうとA地域の売上と、B地域の売上が別にエクセルに記載されているとします。

でも合算で分析したい!という時にA地域の売上とB地域の売上をがっちゃんこするときに使用します。

A地域もB地域も商品の型番は同じなので型番を元にB地域の売上をA地域の売上の横に引っ張ってくることができます。

式としては=VLOOKUP(検索値,範囲,列番号[,検索方法])

これは慣れるまでは難しいかもしれないですが、この後がだいぶと楽になります!

②降順/昇順

まずデータを並べ替えます。大きい順の時は「降順」、小さい順の時は「昇順」。

並べ替えたい列を全選択して【ホーム】→【並べ替えとフィルター】→【降順/昇順】でサクッと。

③SUM

これは王道。合計値を出す関数ですね。

式としては=SUM(数値1[,数値2,・・・])

降順に並べたら1番下に全合計を算出。ここから「売れている」「平均的に売れている」「売れていない」に分類していきます。

「売れている」を売上の上位●%

「平均的に売れている」を売上の上位●%〜▲%

「売れていない」を売上の★%以下

④一気に選択

③での作業で「売れている」と判断されたものには「良」、「平均的に売れている」には「平」、「売れていない」には「悪」と記載していきます。

これは【shift】【↑/↓】を同時に押します。

そうするとセルが選択されていくかと思います。決めた売上の範囲で「良」「平」「悪」と記載していきます。

もうここまできたら90%終了です。

⑤フィルター

フィルターをかけたい行を選択して

【ホーム】→【並べ替えとフィルター】→【フィルター】でたとえば「良」だけに絞って見ることができます。

どういう商品が「良」「平」「悪」なのかをしっかりと確認して

「良」を今のままキープしつつ、「平」「悪」をいかにして売上を伸ばすのか

売るお店を増やす営業で頑張るのか、「平」「悪」の商品に変わる新商品を商品企画に求めるのか・・・

手段は企業や業種、職種によると思いますが、案外そこを考えるのが面白かったり。

*練習方法*

ここはひたすらにやってみるしかない!

なのでMacBookの人もソフトを入れて練習してみてください。

もちろん無料のでもOKなんですけどね。


私は買って会社のパソコンと私用のMacBookを同じ感覚で使えるようにしています!

ぜひお試しください♪

maco

コメント

タイトルとURLをコピーしました